介護事務の年収はどれくらい?

介護事務の給料

 

「介護事務として働いてみたいけど、お給料はどれくらいもらえるのかな?」

 

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

単刀直入に言うと、介護事務の年収は一般事務職と同じくらい。なので、正職員で月給15〜20万円、派遣で時給1,000〜1,500円、パートで800〜1,200円ほどが平均になります。

 

ただし、正職員の場合、各種保険完備(健康・厚生・雇用・労災など)に加え、賞与や残業代の支給もあります。そのため、実際にはもう少しもらえる金額は多くなります。

 

当ページでは、介護事務の給与制度について掘り下げて書いていきます。

 

これから介護事務を目指す方は参考にしてみてくださいね。

 

兼任で働く場合

介護事務もほかの職種同様、キャリアやスキルによって給与が異なります。

 

現在、働き方としてもっとも多いのが、ヘルパー・介護福祉士・ケアマネジャーなどが兼任で事務をおこなっているケース。この場合、年収は兼任している職種の年収とほぼ同等、あるいは施設によって毎月 3万円ほどの手当がつくのが一般的です。

 

たとえば、介護福祉士であれば平均年収 350万前後、ケアマネジャーは 400万円前後なので、それに準じた年収になります。

 

なかには、資格を保有していれば、月1万円ほどの手当が支給される施設もあります。ただし、これは完全に勤務する施設の規定に基づくため、不安な方は事前によく確認しておくとよいでしょう。

 

専業で働く場合

平均的な求人の一例は以下のとおりです。

 

介護事業所の正社員・派遣の場合

年収320万円、シフト制、残業あり

 

介護事業所のパートの場合

時給1,000円〜、週3日勤務

 

レセプト業務の請負など

年収200〜300万円(能力・実績による)

 

 

 

専業の介護事務の場合、平均月収 20万円ほど。そこに12ヶ月をかけて年収を算出すると216万円です。

 

さらに正社員であれば各種手当などがつき、施設によってはボーナスも支給されます。そのため、年収 300万円前後が一般的です

 

またアルバイトやパートの場合、時給1,000円前後の施設が多いので、仮にフルタイムで働いたとして日給1万円ほど、月給に換算すると25万円程度になります。

 

しかし実際の現場では、主婦が多いこともあり、フルタイムでシフトを組む人は少ないです。なので、月給で20万円前後、年収にすると250万円くらいが平均といえるでしょう。

 

この金額が高いと感じるか、低いと感じるかは、それぞれの価値観による部分も大きいでしょう。ただ、ヘルパーのような体力を使う仕事も少なく、デスクワーク中心で、長く安定して働けることを考えると、決して悪くない金額だと思います。

 

シフトもある程度自由に組めて、残業もほとんどないため、子どもがまだ小さい子育て中の主婦や、自分の時間を大切にしたいと考えている人にとっては適した仕事といえます。

 

仕事も一度覚えてしまえば、決して難しいことはありません。もし不安な方は、働く前に通信講座などを受講すれば、事前に仕事の流れを一通り掴むこともできます。

 

費用は3万円前後、最短1ヶ月で資格がとれる講座もあるので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

介護事務になるには?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

 

スクール情報量NO.1の一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」。一度の入力で、複数の介護事務講座を一覧比較&一括資料請求できるので便利です。

 

講座選びで失敗しないポイントは、申し込む前に中身をよく確認してじっくり比較すること。たったこれだけで失敗するリスクを減らせるので、使わない手はありません。

 

資料には、無料とは思えないほど役立つ情報や先輩の体験談などが豊富に掲載されています。雑誌感覚でパラパラと目を通してみるだけでも、新しい発見があって楽しいですよ♪

 

入力はたったの1分。無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

資料の無料一括請求はこちらです!