介護事務の年収

兼任の場合

 

現在、介護事務の働き方としてもっとも多いのが、ヘルパー・介護福祉士・ケアマネージャーなどが兼任で事務も行なっているというケースです。

 

この場合、介護事務の年収は、兼任している職種の年収とほぼ同額か、施設によっては手当てがついてプラスアルファの金額になります。参考額は平均で、介護福祉士が350万円前後、ケアマネージャーが400万円前後といった所ですから、だいたいそれに準じた年収となるでしょう。

介護事務年収

 

介護事務資格を有している人は、月1万円ほどの資格手当が付く施設もありますが、これは完全に勤務する施設の規程に依存しています。なお、介護職の場合、ケアマネ・介護福祉士・介護事務を全て兼業しているという人も決して珍しい話ではなく、職種ごと、資格ごとに年収を算出するのは正直難しい面も否めません。

 

 

専業の場合

 

専業の介護事務の場合、月給平均18万円ほどです。そこへ単純に12ヶ月を掛けて年収を算出すると216万円になりますが、正社員であれば各種手当などがつき、施設の経営状況によってはボーナスも発生します。ですから、年収の平均は約300万円前後になります。

 

また、アルバイトやパートの場合は、時給は850〜950円くらいの施設が多いので、仮に900円で計算してもフルタイムで働いて日給1万円前後、月給にすると25万円程度になります。

 

しかし、実際の現場では、主婦が多いこともあり、フルタイムでシフトを組む人は少ない傾向にあります。ですから、月給で20万円前後、年収にすると240万円くらいが平均だと言えます。

 

この金額が、高いと感じるか低いと感じるかは、それぞれの価値観よっても異なると思います。しかし、ホームヘルパーのような体力を使う仕事も少なく、デスクワークが中心で長く安定して働けることを考慮に入れると妥当な金額ではないかと思えます。

 

また、シフトもある程度は自由に組むことができ、残業もほとんどありませんから、子供がまだ小さい子育て中の主婦や、自分の時間を大切にしたいと考えている人にとっては適した仕事だと言えるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック