介護事務を学ぶためにおすすめの参考書&テキスト

介護事務について学ぼうとされている方に、おすすめの参考書やテキストをご紹介していきます。

 

介護事務を学ぶためにおすすめの参考書&テキストは?

介護事務について学習したいという場合、おすすめとなる参考書やテキストがあります。

 

以下、そのテキスト等をまとめていきます。

 

介護報酬パーフェクトガイド

こちらのテキストは、算定と請求の全知識と、ケアプラン別の算定事例をまとめたものとなります。

 

基礎から実務上の具体的な内容まで、実務者の視点から分かりやすく解説されているものです。

 

介護報酬の仕組みや、算定方法、請求方法などに加え、実際のケアプラン12事例にそって、様々な算定・請求ポイントが解説されています。

 

レセプト作成に関してはもちろん、基礎から応用までを学ぶ事が出来るテキストです。

 

 

これならわかる<スッキリ図解>介護保険 第2版 (2015年版)

こちらのテキストは、介護保険制度について、しっかりと解説されているテキストとなっています。

 

冒頭のカラーページで介護保険の全体像をつかめるようになっており、図解もとても多くあるために、頭に入りやすい内容となります。

 

介護事務は、介護保険についてしっかりと理解しておくべき仕事となります。

 

そのため、直接的に介護事務の仕事を学ぶテキストではないものの、こちらのようなテキストを読み、介護保険について理解を深めることはとても大切なことです。

 

噛み砕いた易しい表現がなされていますので、理解しやすいという部分もポイントです。

 

介護報酬制度/介護報酬請求事務 (介護福祉経営士テキスト【基礎編II】第2巻 第2版)

こちらのテキストは、易しい文体にて分かりやすく解説されている他、図表を多用しているために視覚的にもイメージしやすくなります。

 

テーマごとに簡潔にまとめられていますので、どこからでも読むことが出来、テーマごとにあるチェックポイントによって、理解度を確認することも可能です。

 

ここが変わった! 改正介護保険サービス・しくみ・利用料がわかる本

介護報酬の改定や介護保険の改正など、様々な内容について、わかりやすくまとめられているテキストとなっています。

 

仕事をしていく上で、介護保険に関する知識を深めたいと感じた際や、ちょっと確認したいという時など、様々な時に役立つテキストです。

 

早引き介護用語ハンドブック

介護施設などで勤務する際には、当然介護職員と利用者様がおられます。

 

そのような中で働くため、時には介護用語を耳にすることもあるでしょう。

 

「何を頼まれたか分からないけれど返事をしてしまった」というような事がないように、介護用語についても学習しておくと便利です。