ケアクラーク技能認定試験|難易度はどれくらい?

介護事務の資格にはとても様々なものが存在しています。

 

その中の一つである「ケアクラーク技能認定試験」について、その難易度を見ていきたいと思います。

 

ケアクラーク技能認定試験の難易度は?

ケアクラーク技能認定試験の難易度は、一体どのくらいになるのでしょうか。

 

ケアクラーク技能認定試験の難易度として、結論から申しますと、あまり難易度は高くないと言えます。

 

ケアクラーク技能認定試験は、年に6回実施されており、日本医療教育財団が実施しているものです。

 

なぜあまり難易度が高くないかと言うと、年に6回実施されているという事と、ニチイ学館の介護事務講座で学習して受験することが出来るからです。

 

そして、こちらの試験では、資料を持ち込むことが可能となっています。

 

学科と実技の両方の試験があるのですが、資料を持ち込んで受験するために、暗記や丸覚えというような、効率の悪い勉強方法を行う必要がありません。

 

ふるいにかけて合格者を出すのではなく、重要な点を理解しているのかどうかという試験になりますので、このような仕組みとなっています。

 

このような理由から、ケアクラーク技能認定試験の難易度は、あまり高くないと言えます。

 

学科試験は択一式で25問、実技試験はレセプト作成が2問、このような試験内容となります。

 

受験資格は特に必要なく、受験費用は6,700円です。

 

年に6回行われますので、チャンスはいくらでもあります。

 

合格ラインは、学科試験と実技試験それぞれの得点が70%以上となります。

 

資料を持ち込んで受験することになりますので、実際の事例などに応じた判断ができるかどうかという点が問われます。

 

レセプト作成の実技試験では、まさにそれが試されるとも言えますので、ただ講座などで対策を受けるだけではなく、自分でレセプトを作成し、読んだり書いたりすること自体になれておく必要があります。

 

それに加え、学科試験の出題内容について、しっかりと理解してさえいれば、合格できる試験だと言えます。