介護事務管理士技能認定試験の難易度はどれくらい?

介護事務の資格の一つである介護事務管理士技能認定試験の難易度は、一体どれくらいなのでしょうか。

 

ここではその難易度について、ご説明していきます。

 

介護事務管理士技能認定試験の難易度は?

介護事務管理士技能認定試験の難易度を知るために、合格率を見てみましょう。

 

まず、介護事務管理士技能認定試験には、会場受験と自宅受験があり、ユーキャンの介護事務講座を受講し修了することによって、在宅受験が可能となります。

 

こちらの試験の合格率は、約50%となっており、難易度として普通クラスと言えます。

 

在宅試験の場合には、資料やテキストなどを見ながら受験することが出来ます。

 

そのため、慣れない試験会場の雰囲気に戸惑ったり、緊張したりすることもなく、住み慣れている自宅で自分のペースで試験を受けることが可能なのです。

 

資料やテキストを見ながら受験できるということもあり、丸暗記をする必要がありません。

 

そのような事を踏まえると、ユーキャンの介護事務講座を受講し修了すれば、難易度は低くなるとも言えます。

 

試験には学科と実技がありますが、学科はマークシート形式となりますし、問題数も10問と少な目です。

 

実技は3問あり、レセプトの作成と点検となります。

 

試験が年6回行われている事からしても、やはり難易度はそこまで高くないといえるでしょう。

 

ただ、なら簡単だ!と油断して何も勉強しないというのは大きな間違いです。

 

介護事務の仕事をしていく上で、知識は必ず必要となるものです。勘違いせず、しっかりと学習を行うようにしてください。

 

ユーキャンの介護事務講座で対策を!

ユーキャンの介護事務講座は、介護事務管理士技能認定試験に対応している講座となっています。

 

先ほども述べたように、こちらの講座を受講し修了していれば、在宅での受験が可能となります。

 

試験の難易度が気になり、会場試験は苦手という方であれば、ユーキャンの講座を受講してみることもおすすめです。

 

4ヶ月で講座を修了できる予定となっていますが、自分のペースで進めることも可能ですので、一度調べてみてくださいね。