介護事務資格の習得期間

試験のみで取得できるタイプ

 

介護事務資格はおおまかに分けて、試験のみで取得できるタイプとカリキュラム履修が必要になるタイプの2パターンがあります。

 

試験で取得するタイプは勉強期間をどれぐらいで見積もるかによって期間が変動してきますが、最短では試験日のみで取得できますので、次の試験開催日までの期間と実際に資格が交付されるまでの期間が最短だといえます。

 

このタイプの資格としては「ケアクラーク資格」があります。試験は年6回行われますのでインターバルは約2ヶ月、勉強時間は通信講座を利用した場合、最短で1.5ヶ月のコースが設定されていますので、インターバル期間内で習得できると考えてよいでしょう。

 

学習速度によって違いはありますが、平均するとだいたい2ヶ月くらいが取得に必要な期間だといえます。

 

カリキュラム履修が必要なタイプ

 

介護事務資格はカリキュラム履修が条件であるか、履修後に認定試験を受けることで取得ができるというタイプもあります。このタイプとしては「介護保険事務士」などがあります。

 

介護保険事務士は大学や短大などで履修科目として設置されているのが特徴的な資格であり、科目履修と期末試験で資格を取得できます。

 

この場合、修得に必要な期間はセメスター制(通常週1回の科目を週2回履修することで、1年で履修する科目を半年で終わらせる制度)だとして、3〜4ヶ月ほどになるでしょう。

 

なお、通信講座での取得も可能でこちらの場合3ヶ月+試験という期間になっています。こちらの履修+試験、若しくは履修が条件というタイプの資格は、取得までの期間が多少長めにはなりますが、ほぼ確実に資格が取得できることが大きなメリットです。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック