介護事務の資格取得者の傾向

女性が多め

 

介護事務職に就く上でいろいろと有利になる介護事務資格ですが、実際に取得する人の傾向としては、女性が多いという特徴があります。

 

これは、まず事務職であるということから重労働向きではない女性が、介護事務を目指す場合が多いのが理由として考えられます。

 

また、子育てなどで一時退職している女性が再び働き始めるための準備としてこうした介護系の資格をとることが多いという傾向性もよく見られます。

 

なお再就職を目指して資格を取る人は、こうした介護職関連の資格として介護事務だけではなくヘルパー2級などもあわせて取得することが多いようです。両方の資格を活かして勤務する場合もありますが、たいていはいずれかどちらかのの職に就ければ良いという程度で考えておけばよいでしょう。

 

すでに働いている人

 

また介護事務資格を取る人には、すでに別業種の事務職として働いている人も比較的多いようです。介護事務は事務職の中では専門化しているだけあって給与が高くなります。

 

事務処理で要求される技能、資質は基本的に同じであることから、現在事務職で働いている人が待遇アップを目指して介護事務資格を取って転職を考えることが多いようです。

 

また逆に、すでに介護職として働いていて、これから事務をする必要がある、すでに事務を兼任しているという場合に介護事務資格を取る例もたくさん存在します。

 

資格取得の勉強で改めて体系的な介護保険手続きの知識が習得できますし、勤務先によっては介護事務資格に対して資格手当が出る場合もありますので、そういった事情もあって資格取得を考える人も多いののです。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック