介護事務管理士技能認定試験ってなに?

介護事務管理士資格とは

 

介護事務管理士とは株式会社技能認定振興協会が認定している介護事務の資格です。

 

技能認定振興協会は各種医療・介護系の資格試験の実施、認定を行なっている会社であり、ここでの資格は就職などにある程度有利な効果をもたらしてくれます。

 

介護事務管理士資格は「介護保険制度の仕組みを理解し、正確に介護報酬を算定し、介護スタッフをサポートするなど、介護サービス提供機関にとって必要となるスキルを証明する資格」となっており、実質介護事務の事を指しています。

 

取得方法

 

介護事務管理士資格は、技能認定振興協会の実施する認定試験に合格することで取得できます。

 

受験資格や事前のカリキュラム履修などは特に必要なく、独学でもぶっつけ本番でもとにかく試験に合格すればOKです。

 

試験は年間6回行われ、受験料は5000円となっています。合格率は大体50%とのことですが、独学や勉強せずに受けている人の存在も考慮すると、それほど難易度の高い試験ではないと言えます。

 

なお、試験に向けての講座も複数の資格学校で行われており、独学では不安があるという人はこうした講座を受けることで確実に資格取得を目指せます。

 

通学講座、通信講座共に存在しているので、自分の時間的な都合や費用面を比較して検討してみるとよいでしょう。

 

なお、参考として費用をあげてみるとニチイでは通学講座が68,000円、通信講座が38,500円、Webカレッジが42,000円。ユーキャンでは通信講座が39,000円という設定になっています。

 

期間は講座によって違いはありますが、最短1.5ヶ月から最長4ヶ月くらいで構成されています。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック