ケアクラーク技能認定試験の科目

ケアクラーク試験科目

 

ケアクラーク技能認定試験の科目は介護保険に関する法規、介護保険の仕組み、介護保険請求の仕組みを知識として問われる学科試験と、実際に介護保険請求のためのレセプトを作成・点検する実技試験からなっています。

 

試験はそれぞれ70%以上の得点で合格となります。試験時間は学科試験が50分間、実技試験が60分間という構成です。問題数は学科試験が選択式の25問、実技試験が介護報酬請求事務・介護給付費明細書作成の2問となっています。

 

試験は12:45から受付が開始され、13:15まで受付がされます。試験15分前には試験についての説明が開始されますので、余裕を持って会場には行くようにしましょう。

 

なお介護事務試験は毎回土曜日におこなわれますので、日曜日と勘違いをしていたなどということがないように注意しましょう。

 

試験の傾向

 

重要な点として、ケアクラーク技能認定試験では学科試験・実技試験共に参考資料の持ち込み参照が可能であるため、暗記的な勉強をする必要性が低いという点があげられます。

 

試験にあたっては単純な暗記的知識より、実際の事例に即した判断が要求されると考えておいたほうがよいでしょう。

 

そうなると試験全体で比重を増すのが、介護報酬請求事務と介護給付費明細書作成というまさに実際の介護事務の仕事に即した技能が問われる実技試験です。

 

この実技試験への有効な対策は、テキストを読んで講座を受動的に受けるだけではなく、自分でレセプト(介護報酬請求の書類)を作成して見て、書き方や読み方そのものに慣れることが重要であるといえます。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック