介護事務資格|最短で取得するための効率的な勉強方法

合格までのスケジュール管理

 

これから介護事務を目指す人は、勉強して専門知識を身につける必要があります。あくまでも介護事務資格を取得するための試験の勉強ですから、試験によく出る部分を重点的に学習することが1番の近道になります。

 

試験科目は、一般常識的に解答できるものから、専門用語まで幅広いです。ですから暗記をする部分も少なからず出てきますが、意味が分からないまま丸暗記をするよりは、介護報酬の算定構造などを体系的に理解し、また考え方を勉強したうえで暗記をしたほうが、より覚えやすく頭の中にも定着がしやすいと思います。

 

そういう意味では、学習の前半期はテキストの理解を中心に学習をし、問題集なども知識の定着と理解の促進のためにこなすことを目的として取り組むことをおすすめします。

 

また、テキストを読むのは苦手で、問題をどんどん解いていくほうが知識が定着しやすい問題演習型の人は、実践的なたくさんの問題に取り組んでいくことで、
さらにテキストが読みやすくなってくるでしょう。過去問などをこなす中で、テキストの該当箇所をマークしていくのも◎。

 

あまり過去に出題のない分野を一生懸命勉強していても非効率ですので、ポイントを抑えながら学習していくとよいでしょう。

 

反対に、問題を解くよりもテキストを読むほうが得意なテキスト熟読型の人の中には、実際に問題を解かなくても、いざテストを受験してみると合格することができるというタイプの人もいます。

 

この場合は、無理して問題を解こうとせずに、介護事務関連の参考書をじっくりと読んで勉強することをおすすめします。しかし、このようなタイプの人は割合的には圧倒的に少ないので、単純にテキストを読むのが好きであるという理由だけでは当てはまりませんので、注意が必要です。

 

学習の後半期には、実践力をつける必要がありますので、どちらのタイプの人も、問題を繰り返し解いていき、不正解だった箇所を潰していくのが効率的な勉強方法になります。

 

できる箇所は最終的な詰めの段階で再度確認すればいいので、どんどん苦手な分野を絞りこんでいき、弱点を克服していくことをおすすめします。ここではスピード重視で学習を進めていくとよいでしょう。

 

基本的に介護事務の試験は、テキストの持ち込みをOKしている団体がほとんどですので、テキスト本試験までに、ある程度、テキストのどこに何が書かれているのかが頭に入る程度まで学習しておきましょう。