ソラストの介護事務講座の特徴

医療事務サービスのパイオニアともいえる株式会社ソラストは、主要都市を拠点に全国ネットワークで資格取得の講座を提供しています。医療関係の教育講座を開き始めて45年の歴史を築いてきた信頼性のある医療事務教育機関です。

 

近年では特に介護関係の資格に注目し経験と実績を積み重ねてきました。中でも介護事務においては介護保険制度が導入されてからその人材不足解消のため尽力をつくしてきました。

 

ソラストには、技能認定振興協会主催の介護事務管理士技能認定試験合格を目標に、通学コースと通信コースがあります。通学コースには、基礎コースとコンピュータコースがあります。

 

コンピュータコースは、基礎コースである介護保険制度の基礎、介護報酬請求事務などの学習に加え、コンピュータ演習を学びます。基礎コースは全30時間で46000円、コンピュータコースは全50時間で78000円です。コンピュータコースでは現場で実際に使われるソフトで実際の仕事場と同じ環境で学習ができますので、即戦力があり就職活動も安心して臨めます。

 

通信コースは標準受講期間は4ヵ月で25000円です。自宅にてテキストと副読本を使用し学習します。いつでも専任の講師にメールやFAX,郵便で質問しながら実力をつけていきます。

 

ソラストの介護事務講座の特徴は徹底現場主義です。どのコースも仕事で実際に使う用紙、仕事で使うコンピュータソフトなどを用いての学習で即戦力となる人材を育成に力を注いでいます。

 

それだけではありません。講座を終了し介護事務管理士技能認定試験に合格すると、ソラストの就業サービス部門にて就職希望登録をすることができます。スタッフが合格者の希望にそった事業所、施設への転職をサポートします。

 

また、厚生労働省の教育訓練給付制度、自立支援教育訓練給付金事業を導入しており、費用面でのサポートも万全です。介護事務管理士技能認定試験は年に6回実施、受験料は5500円です。

 

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック