最短で介護事務員になるには

介護事務の資格を先に取る

 

介護事務職に最も早くなれるルートはやはり、介護事務員の募集に応募して採用されることになります。

 

兼任などから介護事務になるという場合、いつなれるのかが不確定な状態になりますので、介護事務専属の正社員なりパートなりの求人募集に応募することが最短となります。

 

しかし、応募しただけではダメで、当然の話しとして採用されなければ介護事務員にはなれません。採用に有利、もしくは専業の場合必須となるのは、各種介護事務資格いずれかの取得になります。

 

やはり全くの無資格・未経験でいきなり採用を期待するのはかなり無理があります。やる気や能力をアピールする意味でも、募集へ応募する際は該当する資格を取ってから臨むのがもっとも採用確率が高い方法になるでしょう。

 

取りやすい介護事務の資格

 

介護事務の資格としては、「ケアクラーク」「介護事務管理士」「介護事務実務士」「介護保険事務士」「介護保険事務管理士」「介護管理専門秘書検定資格」といったものが存在します。

 

いずれも受験資格などがないので、すぐに受験することも可能ですが、中には指定カリキュラムの履修とセットになっているものもありますので、取得までの期間には違いがあります。

 

難易度的にも決して高くなく、最短で取得できるのは、上記であげた資格の内「ケアクラーク資格」と「介護事務実務士」になります。

 

なお、介護事務実務士の方は、協会賛助会員指定校で養成講座を修了するだけで資格が取れるという方法(無試験)もあります。資格習得までの期間は多少延びますが、試験が苦手だという方は、こういった方法で取得するのも一つだと思います。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック