介護事務員の1日のスケジュール

朝から午前中

 

介護事務は基本的に日勤の仕事ですので、仕事のスケジュールは朝が開始となります。また、ケアマネージャーなどを兼任していることも多いため、それらの業務も並行しておこなっていきます。

 

勤務開始してまず手を付ける業務としては、前日の業務時間内に終了しなかった書類の整理・処理があげられます。これをこなしながら、介護保険や介護サービスに関する相談を受け付けて過ごすのが一般的だといえるでしょう。

 

基本的には事務仕事をしながら、相談・連絡・報告に来る人の応対をするという形になります。また、事務室にいることが多いため、電話の応対を行う頻度も必然的に多くなってきます。

 

午後から夕方

 

午後のスケジュールは施設から出て、利用者や介護認定を受けたいという人の家を訪問をすることが多いようです。人を訪ねるタイミングとしては、午後からというのが妥当だからでしょう。

 

この訪問では、利用者・介護認定希望者の話をよく聞いて状況を把握し、場合によってはそのまま役所に介護認定申請の手続きをしに行くというケースも考えられます。

 

こうした外出・訪問の予定がない場合は、施設内で書類の処理を続けるほか、掃除や現場スタッフの手伝いなどをすることになることが多いです。

 

ケアマネと兼任している場合は、利用者・入居者などとコミュニケーションを図って、現在の介護サービスが適切かどうかといった確認をおこなったりします。

 

職員の勤怠(出勤)管理も業務に入っているのであれば、タイムカードなどのチェックも終業までのタイミングで時間を見つけておこなっていくことになるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック