介護事務の給料

プラスアルファのパターン

 

現在、介護事務の働き方として一番多いのが、経営者やケアマネージャー、介護福祉士が介護事務業務も兼任しているというパターンです。

 

この場合、給料はそれぞれの職種に合わせた額になるか、それに多少の資格手当や管理者手当がつくというパターンになります。

 

管理者手当は実際に管理業務をするという前提にはなりますが、大体月で2〜3万円程度つくところが多いです。管理者業務の中には事務業務が含まれていることも多いので、おおまかな意味での参考にはなるでしょう。

 

資格手当の方は、適用されるかが完全に雇用者次第なのでなんとも言えませんが、月で5000円ほど付く例もあります。ただ、どちらも無い場合も当然ありますので注意が必要です。

 

事務専業のパターン

 

介護事務専業のスタッフとして雇用される場合、お給料は時給で計算されることが多いです。

 

これは介護事務の仕事にかなり波があるせいもあり、月次請求の締め切り近くは非常に忙しくなる一方、それ以外のタイミングではかなり身が空くため、雇う方も雇われる方も固定給だと具合が悪い部分があるようです。

 

実際の額に関してある求人を参考にしてみますと、神奈川県の有料老人ホームの介護事務パートで時給850円となっています。

 

この求人例ではパートにも資格手当が適用されるとなっており、介護事務職員でも介護福祉士を持っていれば+50円といった具合に給料が上がっていくようです。

 

また、比率的には若干少なくなりますが、正社員での採用もそれなりに見かけます。この場合給料は月給となり、東京の例で15万円〜18万円ぐらいになります。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック