「介護老人保険施設」と「介護療養型医療施設」

介護老人保険施設

 

老人保険施設は、病院と自宅との中間に位置する施設になります。老人保険施設と正式に呼ばれるまでは、中間施設とも呼ばれていました。

 

病状が安定しても、すぐに自宅に帰ることが出来ずに、医療ケアと介護サービスを受けながら、リハビリテーションを実施するのが老人保険施設になります。

 

現状、利用期間は、3〜6ヶ月が一般的になっていますが、更新や再入所も希望者には提供しています。入所する際は、入居者の状態に応じたケアプランが準備され、生活の場であることから、家庭に出来るだけ近い状況で、食堂や談話ペース、リハビリ・スペースもあります。

 

入所する施設は、利用者が自由に選択すること可能です。介護報酬については、特別養護老人ホームと同様、看護・介護体制(介護事務も含む)によっても異なり、加算項目は、特別養護老人ホームより多くあるのが特徴です。居住費・食費は、全額自己負担になります。

 

介護療養型医療施設

 

脳血管疾患や心疾患などの急性期の治療を終え、回復期に入った高齢者が、リハビリや継続的な医療を受けるために入院するのが「介護療養型医療施設」になります。

 

従来においては、社会的入院の問題とも言われていた施設になりますが、本来、医療以上に福祉に近い状態であるにも関わらず、医療の分野でサービスが提供されてきました。

 

介護保険によって、介護保険を優先して適用する療養型の医療施設が整理されてきたといえるでしょう。

 

医療ケアの内容や介護方針については、病院によっても違います。リハビリにどの程度の力を入れているのか、認知症の高齢者を受け入れ、の程度をしっかりと見極めていくことは大切です。

 

施設は、利用者、つまり要介護者が自由に選択することが可能で、直接、医療機関との契約になるには、他の2つの介護保険施設と同様でうs。

 

しかしながら、病院が介護療養型の病床を持っているかどうかは、外観だけでは分からない部分はありますが、市区町村の高齢者相談窓口など確認するのも1つになります。

 

また、病院によっては、老人症認知疾患療養病棟を備えているところもあるのですが、これは家庭での看護・介護が困難であり、他の施設でも受け入れが難しい認知症高齢者のための專門病棟です。在宅復帰や他の施設への入所が可能となるような回復を目標とし、長期的な治療を行っていきます。

 

利用者の負担は、他の介護療養型医療機関と同様になります。

 

介護報酬は、「療養病床を持つ病院」「療養病床を備える診療所」「老人性認知症疾患療養病棟を備える病院」に分類、それぞれの医療施設でも看護・介護体制(介護事務含む)に応じて細かく分けられます。

 

さらに言及すると、介護療養型医療施設には、2017年度まで廃止することが決定しています。