介護保険法の目的について

現在日本では、高齢化が進み、介護を社会全体で支えていこうとする流れになっています。2000年に介護保険法が施行され、共同連帯の理念が強調されています。例え、介護が必要な人が家族にいなかったとしても、みんなの問題として考えていくことを目的として介護保険が設立されたのです。

 

介護に関わる様々な問題は、介護保険法の施行によって全てが解決されたわけではなく、制度そのものの問題も存在します。そこで2006年に介護保険法の改正が行われ、介護予防という新しい考えが導入されました。さらに2009年に、要介護認定の方法や介護報酬についての細かな改正が実施されました。

 

介護保険制度は、元々介護サービスを利用する高齢者にとって分り辛い部分もあった訳ですが、こうした改正が余計に分かり辛くしたという声も、一部では上がっています。それが高齢者とその家族の、とまどいや不安に繋がっていたのです。

 

そこで、当サイトでは、現状の介護保険法の仕組みがどのようになっているのかを、出来るだけ一般の人々にも理解しやすい言葉でまとめています。また、介護保険制度の中心的な存在になっているケアマネジャーのアドバイスもふんだんに取り入れ、介護サービスを実際に利用するときにに注意しなければならないことに関してもまとめています。

 

これまで介護保険を利用してきた人も、これから利用する予定がある人も、さらには介護保険とは現在直接関係していない人にとっても、教養として最低限知っておいて欲しいことについて解説しています。