ケアクラーク技能認定試験の合格率

ケアクラーク試験実施状況

 

ケアクラーク技能認定試験は介護保険制度の発足に先立つ平成10年より開始されており、偶数月の年6回開催されますので、累計約80回以上が開催された計算になります。

 

受験者数は毎回7千名を超え、介護事務資格試験としては最も大きい規模を誇ります。延べで考えれば60万人前後が受験した試験ですから、業界内の知名度もかなり高いと考えてよいでしょう。

 

ケアクラーク技能試験の合格率

 

ケアクラーク技能認定試験の合格率は、2009年度の結果で受験者7810人、合格率63.7%というデータがあります。それ以外の年度、実施結果については不明なのですが、概ね同じ合格率で推移していると見られます。

 

カリキュラム習得が前提ではなく、受験資格も特にない試験においておよそ64%という合格率が出ているということから、それほど試験難易度が高くない試験だと言ってよいでしょう。

 

実際に試験を受けた人の体験談などを参考にしてみますと、試験において関門となるのは「時間配分」だという意見がとても多いです。

 

これは選択式の学科試験の方でも、レセプト作成の実技試験の方でも生じる問題のようです。合格基準が「7割正答」であることを考えると、学科試験の方ではわからない問題や悩む問題を迷わずスキップする判断や、目の前の問題にどれだけ時間をかけて良いものか時間の配分を的確に行うことが大事になります。

 

また、実技試験の方では多少の抜けや漏れがあっても全体として書類の体裁が整っていることが重要です。試験の場において焦らずにそうした要点を押さえるためには、試験前から介護保険書類そのものに慣れておく必要があるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック