介護保険制度とは?

介護保険制度は2000年から国が作った介護のための制度です。高齢者社会になると言われている日本は、寝たきりや認知症など介護が必要な人を家族が担っている負担を、社会で支える制度として実施しました。

 

原則として65歳以上の高齢者が市区町村に申請して、要介護認定を受けた人に対して、その度合いに応じて介護サービスを受けられるようにできます。今まではサービスを自己負担としていたが、介護保険制度を取り入れてからは、介護費用の1割の自己負担になり、9割の費用は半分が保険料で、半分が公費で賄われる事になりました。

 

その事から介護認定を受けている人達へのサービスが利用しやすくなり、家族での負担が減っています。

 

主に介護サービスとは、在宅サービス、施設サービス、介護器具のレンタルなどがあります。民間との契約している所が多く、それらのすべてを1割負担で利用できるようになったのです。

 

利用できる被保険者

原則として、40歳以上から介護保険料を市区町村に支払う事になります。65歳以上から第1号被保険者、40歳から65歳未満は第2号被保険者と定めています。どちらも介護保険制度を受ける事ができますが、2号では特定疾患でないと利用できないようになっています。

 

また介護保険制度は3年ごとに見直されて改正されます。まだまだ始まったばかりの制度な事から、よりよい介護保険制度になるために、今進化をしている制度と言えます。

 

要介護認定

市区町村での申請により、派遣される人から面談をして調査され判定されます。要介護1〜5、要支援と分かれます。その度合いによって、受けられる介護サービスは変わってきます。

 

要介護5が一番重度で寝たきりで自分の事が全くできないような人になり、在宅での介護サービスを率先して受けられる、施設に入る優先順位もあがります。

 

高齢者社会とあって、介護施設やサービスは日々多くなってきています。自分に合った介護サービスを受けられるように、1人1人にケアマネジャーというアドバイザーがついて、相談に乗ってくれます。それにより、自分の介護の級によって、どれくらいのサービスが利用できるのかわかります。