介護事務員ってどこで働くの?

基本的には介護サービス事業所

 

介護事務員が働く場所は、主に介護施設や訪問介護サービスなどの介護サービス事業所です。

 

「介護保険制度適用範囲」に該当する介護サービスをおこなっている事業所でなければ、そもそも介護保険の請求業務などは発生しませんので、これを業務とする介護事務員が勤める場所としては当然の話といえるでしょう。

 

ただ、介護サービスを提供しているところならどこでも介護事務スタッフが働いているかといえばそうではなく、大体はある程度以上の規模を持つ事業所で初めて介護事務の専門職員が設置されていることが多いようです。

 

それ以下の小規模の事業所ではその他の介護スタッフが介護事務業務も兼任してこなしていることが多く、専業のスタッフとして介護事務員が置かれていないことが多いです。

 

ただ他のスタッフが兼任でおこなう場合、業務がどうしても非効率的になってしまいますので、業界が成熟するに連れて介護事務員を専業で置くところも増えてきています。

 

一部では独立も

 

比率としては非常に少なくなりますが、介護事務を外部スタッフとして請け負うパターンもまれにあります。

 

これは介護施設の規模によっては、現場スタッフが兼任するには非効率的だが専業スタッフを抱えるよりは外注したほうがコスト削減になるということで、介護保険請求業務などを外注する施設があるためです。

 

これを請け負って事務処理をしていくわけですが、「介護事務の仕事のみ」で独立している人はまずいないと考えてよいでしょう。

 

大半は独立したケアマネージャーが、兼業で他の事業所から介護事務の請負をおこなっているパターンが非常に多いようです。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック