介護事務員の現状

まだまだ多くはない募集

 

介護事務は介護施設において介護保険の請求業務を中心に、介護施設における事務処理を全般を行う職業ですが、その求人募集はまだそれほど多くないのが現状です。

 

これは多くの介護施設の規模では経営者やケアマネージャー、場合によっては介護福祉士が兼任する範囲で事務処理をおこなえてしまうということが関係しています。

 

すなわち、介護事務が必要になるのはある程度以上の規模を持つ介護施設であり、かつ、介護事務を専任のスタッフに分担しようと考える施設ということになります。

 

こうした規模の介護施設は、介護施設全体から見ればまだまだ少数であるため、介護事務の募集もそれにともなって少ないものとなっています。

 

プラスアルファの知識

 

増加傾向は見られるものの、現状において介護事務は介護事務単体での募集があまりないというのが実情ではあるようです。

 

では実際どうなっているかというと、介護福祉士やケアマネージャーなどが兼任しているという例がほとんどのようです。

 

これは言い方を変えれば介護事務に関する技術知識を持っていれば、同じ介護福祉士、ヘルパー、ケアマネージャーとして働く場合でも、プラスアルファの技能として重宝されるということでもあります。

 

それ用の知識を習得したわけでもないのに、職員がなんとなくこなしているという施設も多いでしょうから、介護事務の認定資格を持っていますというのは、いずれの職種で勤めるとしてもかなり歓迎されるでしょう。

 

施設にもよりますが、資格手当が付く所も多数ありますので介護事務の資格を習得することはけっして無駄にはならないでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック