介護事務の資格習得方法

試験に合格

 

介護事務資格の取得方法としては、まず資格認定団体の試験に合格するというルートが一般的です。

 

受験資格が特に無く、試験に合格するのみで取得できる介護事務資格としては「ケアクラーク資格」「介護事務管理士」「介護事務実務士」があります。

 

これらの試験のみで取得できる資格は、独学や通信講座で勉強して試験に臨むことが出来ますので、費用や期間の面で有利だと言えます。

 

資格なしでも業務そのものは一応可能という介護事務業務を考えると、取りあえずこちらの比較的取得が容易な介護事務資格を取得して、求人に応募するという人が多くなってきています。

 

カリキュラム修了

 

介護事務資格を取得するためのもう一つの方法が、資格認定団体の指定する学校や養成機関にて指定カリキュラムを履修することで資格が取得できるというものです。

 

履修のみで取得できるタイプの資格としては「介護保険事務士」「介護事務実務士」があります。介護保険事務士は大学や短大などで授業科目として講座が開催されていることが多いようです。介護事務実務士は試験でも取得可能です。

 

カリキュラム履修+試験に合格というパターンが「介護保険事務管理士」と「介護管理専門秘書認定資格」です。これらの資格は、資格取得のためにある程度の期間にわたってカリキュラムを履修しなければいけないという期間的、金銭的なコストがかかりますが、その分独学より体系的に介護事務のための知識を習得できるというメリットがあります。

 

実際の介護保険請求の流れを追って学習する実習なども含まれていますので、就職してから苦労しないのはこちらの資格になるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック