介護事務として働くメリット

介護職だけど体は使わない

 

仕事としてみた時の介護事務のメリットは、まず「体を壊したりはしない」という点でしょう。

 

介護事務という専門スタッフが設置されている前提で話をしますが、介護事務員は介護職員と違って直接介護業務をするのが役割ではありません。

 

介護に携わりはしますが、基本的には書類と数字が相手の事務仕事です。ですので、介護職によくある「重労働で腰を痛めた」などといったことはありませんし、夜勤があるということもないでしょう。

 

ただし、まだまだ介護士と介護事務を兼任でおこなっているという場合も多いので、この場合は介護職員としての勤務とさほど変わりません。

 

ただその場合でも、全く事務に関わらない職員と比べた場合、デスクワークの比率が大きくなるだろうことは想像できます。

 

この点から、「体が弱いから介護職は無理だけど、介護事務なら」と考えて資格を取る人も多いようです。

 

独立という道

 

介護事務のエキスパートには、実は「独立」という道も存在します。

 

介護福祉系の職業で独立となるとケアマネージャーが代表的ですが、介護福祉施設の中には小規模経営のために「事務コストも外注して減らしたい」という要望を持っている所もかなり多いため、コネクションによっては介護事務としてこうした介護事務業務を請け負うことも可能なケースもあります。

 

施設としては外注することで人件費を削減できますし、介護事務員からすれば複数の施設から仕事を請け負うことで、事務専業でありながら総合的な稼働率を上げることが出来ます。

 

ただ、このパターンを成り立たせるためには非常に広いコネクションか、フランチャイズなどのバックアップが必要になるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック