どうすれば介護事務員になれる?

兼業から始める

 

介護事務員になろうとした場合、最もスムーズになることができるルートが、介護福祉士やヘルパーとの兼業状態から介護事務専任になるという方法です。もしくは、兼業状態を維持するというのもこの中に入ります。

 

介護事務員が専業で必要になるのは、それなり以上の規模の介護サービス事業所においてであり、中小の介護施設はほとんどが介護福祉士やヘルパー、ケアマネージャーによる兼任で介護事務がおこなわれています。

 

そのため、求人募集に関してもまだまだ圧倒的に介護福祉士やケアマネ、ヘルパーのものが多くなっています。ですから、もしこうした資格を持っているのであれば、先に介護福祉士などとして介護施設に就職し、その後で介護事務に就くというルートがスムーズだといえるでしょう。

 

ただ、介護事務がしたいと言ってもそれがそのまま通るかは別の話になりますし、すでに誰かが担当しているという可能性も少なくありません。

 

その場合は、介護事務の手伝いをしながらチャンスを待つという形になると思います。

 

介護事務員の求人に応募する

 

介護現場のスタッフに比べれば数が少ないとはいえ、介護事務の募集もちゃんと存在しています。こうした求人募集に応募するのは、介護事務になるための一番の近道だといえるでしょう。

 

この場合は言うまでもなく介護事務専業となりますので、応募にあたっては介護事務関連の資格を持っている事が必須となります。

 

資格は通信講座などから取得することが出来ます。転職をする場合でも現在の仕事をこなしながら、並行して勉強をして資格を取得しておくことをおすすめします。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック