介護事務に向いている人

事務仕事が苦痛ではない

 

介護事務の仕事はそのほとんどが書類処理や職員の勤怠管理などの事務処理になります。そのため、書類仕事を面倒だと感じない性格、感覚がまずもって重要でしょう。

 

介護保険手続きは公的な機関に対しておこなう手続きですので、基本的に融通が利きません。その介護保険事務処理にあたって「細かいことはいいんだよ!」という性格では問題も起きてきます。

 

正確さや緻密さを仕事に求められて苦痛に感じない性格は、介護事務をするにあたって大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

一方で、あくまで事務仕事ですので、仕事にあたって瞬発力やアドリブ能力などはあまり求められません。

 

じっくりと計画的に仕事をすすめるタイプには向いているといえるでしょう。

 

介護に携わる意志

 

介護事務は事務職でありながら介護現場を支える介護スタッフであるという面も持っています。

 

この点から、「高齢者などのお世話をぜひやりたいが、体力的に向いていない」という人にはうってつけの職業となります。

 

介護福祉士やヘルパー資格を持っている場合、特に忙しい場合などでピンポイントの応援を期待されることも考えられます。

 

基本は事務員でありながらも、体力の許す範囲で介護の現場に携わるという働き方も可能でしょう。

 

また、事務処理の経験を積めるという性質から同じく事務処理の比率が大きいケアマネへの道が開けやすいという見方もできます。

 

いずれにせよ、介護に携わりたいという意志がある人は介護事務に向いているといえるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック