介護事務の仕事内容

介護保険の請求

 

介護事務の仕事の中身となるのが、介護保険関係の手続きや事務処理です。

 

介護施設の収入は主にこの介護保険に依存してるため、ミスをすればそのまま施設の損害や信用喪失につながるため、仕事には正確さが問われます。

 

その一方で、あくまで日常業務ですのであまり時間をかけるものでもありません。基本的な流れとしては、月毎にその施設で提供された介護サービスを介護保険の制度に従って集計し、取りまとめて保険料請求を行います。

 

締め切りは翌月10日までと決まっているようで、場合によっては休日返上してでも間に合わせる必要があります。

 

処理そのものは複雑ではなくとも、正確で迅速な処理が求められるほか、正確な報告書などが上がってこないとそもそものデータが違ってきてしまいますので、実務に携わる職員との連携も重要になってきます。

 

利用料の集計や勤怠管理など

 

介護事務員は介護保険絡みの仕事がメインではありますが、もちろんそれだけというわけではありません。実際にはその介護施設における事務処理のほとんどを担当することになるでしょう。

 

一般的なところでは、9割の介護保険負担に対して1割存在する利用者負担の管理・集計もおこないます。こちらは介護保険以上に複雑で、利用者の状況によって各種減免が発生したりするため、比較的込み入ったデータを扱うことになります。

 

細かい事情把握などには単純な事務処理能力だけでなく、コミュニケーション能力なども重要になります。

 

また、施設によっては職員の勤怠(出勤)管理もおこなうことがあるようです。こちらに関しても普段から職員と連携がとれているかどうかが重要になってくるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック