介護事務ってどういう仕事?

基本は事務員

介護事務の仕事(受付)

介護事務は、業種的には「介護職」に分類される仕事ですが、仕事内容としては「事務員」になります。

 

業務としては、介護保険の請求手続きをメインとする専門事務員の一種であり、仕事内容的には医療事務などと比較的近いといえるでしょう。

 

介護保険は介護施設におけるサービス報酬の9割を充当しますので、介護施設のメイン収入源といってよく、非常に重要な役割だといえます。

 

また、介護施設の介護サービスの金額の約9割ですので、介護事務が書類上で動かすお金はかなり大きなものになり、責任も重大な仕事です。

 

業務はあくまでも事務員なので、介護職特有の腰痛などの故障とは縁遠く、体力的に不安が出てくる中高年になっても勤められるという点から人気があります。

 

介護職ともいえる

介護事務の仕事(実務)

仕事の仕方は事務員なのですが、仕事で扱う内容は介護関連のことが圧倒的な比率を占めますので、業務上介護関連の知識が必要になりますし、現場スタッフと連携を取っていく上では、介護実務の経験があると何かとプラスになるという面もあるでしょう。

 

介護施設における裏方ということで、間接的にですが介護サービスの向上につながっているため、介護職であるといってもまた間違いではありません。

 

この点から、介護職に就いて高齢者福祉の向上に努めたいと思う一方で、体力的な問題を持っているという人が介護事務を志す例も少なくないようです。

 

また、介護職員として働いてきた中で、年齢的な理由などから体力的な限界を感じ、介護の経験を活かして介護事務に専業するというパターンもあります。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック