ヒューマンアカデミー|「介護事務士」試験は合格まで挑戦OK!

私は、30代後半の専業主婦。2人の子どもは高校生となり、そろそろ社会復帰の準備をはじめようと動き出したところです。社会とのブランクは10年以上。現実的には、受け入れてもらえるかどうかも厳しい気もしますが、仕事なら何でもいいというわけではありません。

 

子育てをするうち、介護関係など、人の手助けをする仕事に関わりたいな、と考えるようになりました。

 

介護関連の仕事、それも介護事務なら、仕事に就いたとしても、長く続けることができそうです。だからこそ、はっきりとしたカタチのある資格を取ろうと考え、介護事務のスクール探しからスタートしました。

 

介護事務関連の資格は民間資格で、資格取得のスクールがいくつかあります。日中に時間があるので、最初は通学講座も検討しましたが、一番近いスクールでも、電車を乗り継いで、片道1時間あまりです。

 

交通費もばかにならないため、半ばあきらめかけていた時に、ヒューマンアカデミーの通信講座「介護保険請求事務講座」を発見し、受講することに決めたのです。

 

スクールから送られてくる添削課題(実力診断テストが4回、修了認定試験が1回)を、一定の成績で修了すると、「介護事務士」(全国医療福祉教育協会認定)の資格が取得できます。不合格でも、合格するまで提出できるのです。

 

受講期間は約4カ月で、受講費用は35000円ほど。へそくり(?)で十分まかなえました。家族のいない日中に、時間をたっぷり使って、テキストとDVDで勉強しています。

 

この講座の特徴は、全国の事業所で使用されている介護事務コンピュータをもとにした教育用ソフトを使い、介護事務コンピュータを基礎から学び、実務のスキルを身につけることです。

 

かつてフルタイムで働いていたころ、エクセルやワードのスキルを体得しましたが、介護の専門用語や介護単位計算など、おぼえなくてはならないことは山ほどあります。時折、スランプもありますが、それも、いずれ楽しい思い出になればいいなと思っています。

 

資格取得とともに、仕事に就くことを目標に、勉学に励む毎日です。