介護事務は未経験でも就ける仕事なの?

介護事務の仕事がしたいという方の中には、事務職や介護業界についての経験がないという方もおられると思います。

 

そこで、介護事務の仕事は、未経験であっても就くことが出来る仕事なのかについて、ご説明します。

 

介護事務は未経験でも就ける仕事なの?

介護事務の仕事は、介護報酬請求業務(レセプト作成)という仕事をメインとしています。

 

となると、やはり介護業界での経験があったり、事務の経験がなくては就くことが出来ない仕事なのではないかと感じるかもしれません。

 

ですが、未経験であっても、介護事務として働くことは可能となっています。

 

何しろ、介護事務の資格を持たない方であっても、介護事務として採用されることが可能となっているのです。

 

ですが、やはり資格は大切です。

 

先ほどもご説明しました通り、介護事務の仕事では、介護報酬請求業務というものをメインとして行います。

 

これは、行政なども関係するとても重要なものです。

 

専門的な内容となりますし、細かい数字も多く取り扱います。

 

介護保険制度の改正などがあれば、それに対応していくこともとても大切になります。

 

そのような意味では、介護現場での経験や事務の経験などがあった方がいいとは言えますが、必須ではありません。

 

介護事務関連の資格を取得し、その勉強の過程において、しっかり専門的な内容を学ぶ事によって、未経験であっても就職することが出来ます。

 

ただ、一点注意していただきたい点があります。

 

それは、介護士と一緒に現場で介護を行う可能性もあるという事です。

 

介護業界は介護士の人手不足が深刻なために、施設によっては事務の方にも介護を手伝って欲しいというところがあります。

 

もちろんこの場合には採用が決まる前に説明があると思いますが、そのような場合には介護関連の資格や経験などが問われる可能性があります。

 

とはいえ、純粋に介護事務として採用される場合には、未経験であっても問題はありません。