介護事務の仕事|業務上の注意点は?

介護事務とは、財務上の重要な任務をこなすお仕事になります。

 

重要な職務をこなすこともあって、公的な資格を制定していて力量を持った者のみがデキる仕事であります。

 

業務上で注意すべき点がたくさんあるわけですが、今回はその注意点について詳細を説明していきます。

 

介護報酬請求がメイン業務!

介護事務のもっとも重要な職務は、介護報酬請求の業務です。

 

介護報酬は被保険者から1割、保険者から9割を請求することになります。

 

保険者への請求を行うための請求書を作成するのが仕事になります。

 

いい加減な請求書を出すことはできませんし、数字の間違いはご法度ですので、とにかく何度もチェックして正しい請求をする必要があります。

 

今はパソコンで数字を入力すれば、自動計算で請求書も作成してくれるでしょうが、その数字の入力も単調な入力作業となると間違うリスクが高くなります。

 

年には念を押して!この精神が重要になります。

 

また、介護サービスの仕組みを理解していないと介護報酬も理解できないので、一通りの知識を被介護者に説明できることも重要なスキルとなります。

 

経理面の重要なタクトを握る!

介護事務のメイン業務は介護報酬請求でありますが、これは月1回まとめて請求するものであるので、期間が限られる業務になります。

 

よって、他の業務と掛け持ちして行うのが一般的です。

 

多くの事業所では、経理面も任せられる事が多いです。

 

経理は会社のお金の動きを牛耳る重要な仕事ですので、不正は絶対あってなりません。

 

真面目でとにかくミスなく仕事ができる、また出来心で…fということがないように、とにかくルールに則って仕事をする必要があります。

 

注意すべき点がとにかく多い仕事であります。

 

総務的な仕事も…

その他では、一般雑務を行うことも多いのが介護事務の特徴と言えます。

 

事業所全体的に顔が利くようにならないと伝わらない側面もありますので、顔の広さが重要になります。

 

総務はサービス業の側面が強いので、とにかく社員をお客様と見立てて、直ぐに対応するように注意しましょう。