介護事務の仕事から得られるもの

介護保険制度の理解

 

仕事で得られるものとして、まず考えられるのが、介護保険制度への理解が深まることです。

 

介護事務の主な業務は、介護保険の請求手続きです。当然、介護サービスの種類と点数・請求金額の関係や、実際の手続き要項、手続きの流れなどについてのエキスパートにならなければなりません。

 

介護福祉士などと兼業している場合でも、知識と経験は積めるでしょうが、専業している場合はそれ以上に扱う件数も増えますので、その分、より強く経験を身に付けることができます。

 

こうした知識や理解は、別の職種であるケアマネージャーになる場合においても生かされます。ケアマネージャーは、他にも利用者単位で介護保険制度の利用計画を立てるという仕事がありますが、介護保険制度への深い理解が求められるという点では、どちらも共通しています。

 

事務処理能力の向上

 

介護事務員は、介護施設における仕事であるという特殊な面と、事務員であるという汎用性に富んだ2つの顔があります。介護保険の手続き処理という仕事自体は、他の業界で活かせるものではありませんが、事務処理能力そのものは、逆にどこの企業でも必要とされる能力です。

 

仮に他の業種に転職する場合も、介護事務での経験も評価されることが期待できるでしょう。なお、すっかり一緒という訳ではありませんが、介護事務は医療事務と多くの共通点があります。

 

介護事務経験があれば、医療事務の資格を取る際にも、大いに役立つと思います。また採用に関しても、近似した職業経験としてみてもらえる可能性が高いといえるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック