介護事務員の今後

おそらく増加傾向

 

現状ではそれほど募集が多くない介護事務ですが、将来にわたってもそうであるかといえば、おそらくは介護事務の需要は増加していくだろうということが考えられます。

 

例えば現在すでに介護職として働いている人が、実際上の必要と将来の展望から介護事務の知識を習得するパターンが考えられます。

 

介護職が体力を使う仕事である以上、おのずと年齢も重要な要素になってきます。一応、ケアマネージャーに進むという手もあるのですが、別の選択肢として介護事務専業になるというのもありえるでしょう。

 

この場合、現場の業務を知っていますので、業務がスムーズに行くほか、人手不足時には手伝いを期待できる予備スタッフとして採用される目もかなりあります。

 

また、今後介護業界全体が成熟をしてくるにつれて、施設内でも分業化・プロフェッショナル化が進むであろうことは想像に難くありません。

 

業界そのものはまだまだ膨張傾向

 

そもそもの介護職のパイは今後まだまだ増えると言うのが大方の予想です。

 

何しろ、遠くフィリピンやインドネシアから介護福祉士の候補生を招いて勉強させるぐらいですので、介護職全体の需要が増える一方で、なり手はそこまで追いつかないというが実際です。

 

介護事務はストレートにこうした需要と連動するものではありませんが、やはりある程度は影響を受けます。

 

また、今後介護業界そのものにおいて、中小の介護施設が消えて大手に統廃合されていくだろうとも言われています。

 

施設規模が大きくなると介護事務員の需要は増えると予想されます。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック