血管の若返りで伸びる健康寿命

介護事務として介護業界に携わっていくのであれば、最低限「健康」や「加齢」についての基礎知識は身につけておく必要があります。

 

介護事務の資格を取得するうえでは必要の無い知識かもしれませんが、介護施設に通う高齢者は様々な病気や体の不調を患っている場合が多いので、何か合った時にすぐに対処できるように準備をしておくことは大切です。

 

人の体というものは、とても精密に作られています。中でも、循環器系と呼ばれる心臓や肺と血管の構造は驚くほどであり、この循環器系に故障が生じると命にまで影響を与えかねません。

 

特に心臓は一年中休みなく働いていますから、この心臓が止まってしまったら当たり前ですが死に繋がります。また、心臓を鍛えることはできません。しかし、心臓に負担を掛けない生活を心掛けることによって、心臓は快調な働きを行ってくれます。

 

そして、心臓に負担を掛けないためには、血管を健康にしておく必要があるのです。血管の総延長は9〜10万キロメートルと言われており、およそ地球の約2周半にもなります。その血管をつくる細胞は、30代をピークに老化が始まり、様々な傷害を引き起こします。

 

心臓に直結した大動脈は毛細血管を通り、体の隅々まで血液を送り、体内の不純物を血液にのせ、大静脈を通り運び出しますが、この働きも全て毛細血管によるものなのです。

 

これらの血管細胞は、加齢に従い老化を始めますが、その原因は血液によるものであり、生命を維持するために不可欠な酸素が酸化現象をおこして発生した有害物質の発生によるものだと言われています。

 

長年を使用した水道管が腐食したり、亀裂したりして漏水を起こすことで同様の原理です。血管の老化によって引き起こされる重大な症状に動脈硬化症があります。

 

動脈硬化症は、動脈の血管が狭くなり、本来の弾力性が失われ、心臓、脳、腎臓などの血管が破裂したり、詰まったりする等して重大な症状を引き起こします。

 

動脈硬化症は、脳動脈硬化症、冠動脈硬化症、大動脈硬化症、腎動脈硬化症、末梢動脈硬化症の大きく5つに分けられます。

 

動脈硬化の原因は、はっきりとは分かっていませんが、遺伝素因、加齢、生活習慣病(脂質異常、高血圧、糖尿病、肥満)、運動不足、喫煙、ストレスなどが考えられます。