要介護認定の仕組みとは?

要介護認定というものをご存知でしょうか。

 

この要介護認定というものは、介護が必要だと感じる方の”介護度”を認定してもらうものとなります。

 

要介護認定を受けて要介護度が決まると、介護保険サービスを利用することが出来ます。

 

ここでは、要介護認定の仕組みについて、ご説明していきます。

 

要介護認定の仕組みとは

要介護認定というのは、要介護者となる方が、どの程度、どのような介護サービスを受ける必要があるのかというものを判断するために行われます。

 

つまり、その方の病気の重さと要介護度が必ず一致するというわけではありません。

 

ですが、これを受けることにより、介護サービスを利用することが可能となります。

 

要介護認定の流れは以下のとおりです。

 

1.要介護認定の申請…本人もしくは家族の方が市町村に申請します
2.訪問調査…全国共通の認定調査票に基づき、自宅にて要介護者となる方の心身状態の聞き取りが行われます
2.主治医の意見書…市町村の依頼によって医師が意見書を作成します
3.一次判定…要介護認定基準時間を算出し、コンピュータによる一次判定が行われます
4.二次判定…コンピュータによる一次判定の結果に加え、訪問調査などの内容について介護認定審査会が認定を行います
5.通知…認定結果を、要支援1.2、要介護1〜5の区分の中で通知します(原則30日以内に通知)

 

訪問調査は、専門知識のある市町村の職員もしくは、ケアマネジャーによって行われます。

 

市町村に設置されている介護認定審査会は、保険・医療・福祉の学識経験者5名程度によって構成されています。

 

結果、どの要介護度にも当てはまらず、自立だと判定されてしまった場合など、これに不服がある場合には、不服申し立てを行う事が出来ます。

 

要介護度が低すぎると感じた場合などにも、不服申し立てが可能となります。

 

要介護認定の結果通知を受け取ってから、60日以内に申し立てを行わなくてはなりませんので、注意してください。

 

高齢者の方は特に、「誰かのお世話になるのは嫌だ」という考えをお持ちです。

 

そのため、調査員の方が自宅に来られた際に、要介護者となる方が突然元気なふりをするというのはよくある話です。

 

本来の介護度を判定してもらうためにも、申し立てを行うことは悪い事ではありません。