在宅看護の新設サービス

在宅でも介護と看護が同時に受けられる

 

2012年、新たに新設されるサービスが「24時間対応可・定期巡回サービス」と「24時間対応可・随時対応サービス」になります。

 

このサービスの特徴は、単身生活者や重度の介護が必要な高齢者が施設に入らなくても、可能な限り在宅生活が続けれれるように、日中・夜間を問わず、訪問介護と訪問看護が一体となって、「短時間の定期巡回型訪問」と「利用者から連絡があれば電話による応対や訪問などの随時対応」を2本立てで提供するものになります。

 

このサービスが発足することによって、看護と介護を同時に提供することが出来、医療・看護のニーズが高い高齢者が在宅のまま生活が可能となり、自宅で看取りが可能になることが期待されています。

 

運営するうえで気を付けなければならないことは、地域密着型サービスとして、実質上の保険者である市区町村が中心となって地域ごとにサービスを整備することや、訪問看護や訪問介護を提供する事業所と、在宅療養を支援する診療所(病院)などとどういった形で連携を図っていくのかが問われてくるでしょう。

 

施設介護のようなサービスも可能に

 

このサービスの運営が上手く回っていけば、「地域夜間型対応」や「地域見守り型」サービスも可能になってくるでしょう。従来の在宅介護は、前もって予定(時間・曜日・サービス内容)を決めて、サービスを提供する「定時サービス」でした。一方、施設介護の場合、大きく分けてスタッフが一日のスケジューリングを決めてサービスを提供する「定時サービス」と、入所者のコールによってサービスを提供する「随時サービス」がありました。

 

在宅で重度の介護が必要な高齢者をケアするためには、訪問介護と同じように「定時サービス」と「随時サービス」を組み合わせてサービスを提供する必要があります。

 

まだ整備が整ってはいませんが、例えば、在宅の利用者が介護サービスを必要とする時にコールセンター直通のボタンを押せば、リアルタイムでオペレーションセンタに接続できるようなコールサービスや、個人の介護情報がオペレーターのコンピューターに入力されており、オペレーターが利用者との会話から看護(看護師)・介護(ホームヘルパー)を出動させるべきか判断する仕組み。

 

さらには出動させると判断した際には、速やかに利用者宅に駆けつけ必要なサービスを提供するような体制を整えておく必要があります。

 

地域見守り型も

 

この「24時間対応可・定期巡回サービス」と「24時間対応可・随時対応サービス」を組み合わせることで、在宅での生活に不安を抱く要介護高齢者が安心して住宅で日常生活を送ることが可能となり、地域での自立した生活が可能となります。

 

また、1人世帯の高齢者を一時的に受け入れる「地域見守り型」などもサービスに組み込まれます。これらのサービスを受けられる高齢者は、要介護度3以上を想定しており、この仕組みが一般化してくれば、重度の高齢者も安心して自宅で過ごせるようになるでしょう。