介護保険が生まれた理由

最後の社会保険

 

介護保険は、2000年4月に誕生しました。社会保険の中では、「健康保険」「年金保険」「雇用保険」「労災保険」に次いで、5番目となり最後の社会保険とも言われています。

 

介護保険の目的は、高齢社会が進む日本において、介護の負担を家族だけでなく社会全体で対応してという流れからきています。介護保険が実施される以前は、まだまだ介護サービスを利用できるのは、経済的な余裕を持った人のみに限られており、家族によって支えられている高齢者の数の方が断然多かったのです。

 

一般の人にとっては、介護サービスを受けるのにどれぐらい掛かるのか、といった事も分からないような状況だったのです。

 

介護保険以前

 

介護保険が実施される以前は、「老人保険」と「老人福祉」の2つの介護制度が存在していました。医療制度の一環として実施されていた老人保険制度は、健康保険組合や国民健康保険などから拠出された資金で運用されています。具体的には、「訪問看護サービス」や「老人保険施設」などのサービスが実施されていました。

 

また老人福祉制度は、「ホームヘルパーの派遣」や、「デイサービス」といった高齢者の世話をするサービスを実施したり、「特別養護老人ホーム」など高齢者の受け入れを主体としたサービスを行なっています。

 

他にも、「老人病院」と呼ばれる一般病院で、高齢者が医療だけでなく実質的に介護のサービスを受けるような社会的入院と呼ばれるものもありました。

 

要するに、医療保険で受ける介護サービスも、福祉制度として受ける介護サービスも存在しており、制度の運用は全く異なるものだったのです。例えば、老人福祉制度は、市区町村の措置であったし、行政処分と呼ばれるものでもありました。

 

そのため、利用者は自由に介護サービスを選ぶことも出来ず、行政からの施しも受けるような印象もあり、心理的にも精神的にも抵抗があるサービスとして敬遠されていたのです。つまり非常に使いづらいサービス、制度だったのです。

 

介護保険制度が誕生した経緯

 

そこで、これらの問題を解決するために生まれたのが、介護保険制度です。保険・医療・福祉の3つの分野が協力しあって、介護サービスを介護保険によって一本化するといった試みです。

 

社会保険の一環として介護保険が導入されたのは、介護保険を利用する人々が、費用を負担する意識を持って、サービスを自由に選択して利用できるのがメリットになります。

 

介護保険の実施によって、全く新しい介護制度を国または自治体が提供することが可能になったのです。