サービス付き高齢者住宅とは?

現状では、まだまだ高齢者に配慮をされた住居は少なく、バリアフリーでないために自宅で介護を受けられないといったケースや、緊急時に見守る体制が充分ではないといった理由で、高齢者が安心して生活できるスペースは、施設、特に老人ホームに集中していると言えるでしょう。

 

このような問題もあって、国土交通省と厚生労働省が連携して、「サービス付き高齢者住宅」が創設されました。サービス付き高齢者住宅を創設することによって、高齢者は住み慣れた土地で、安心して暮らすことができる住居を確保することができます。

 

また今後は、日常生活や介護に不安を抱く「高齢単身・夫婦のみ世帯」の人達が、慣れ親しんだ土地で安心して生活を送れるよう、24時間体制の「定期巡回・随時対応サービス」などの介護サービスを組み合わせた、新しい仕組みの導入も検討されています。

 

高齢者にとって、サービス付き高齢者住宅が新設されることによって、自宅にいながらにして、「24時間定期巡回・随時対応サービス」「訪問介護」「デイサービス」等の介護サービスを受けられることができ、仮に中・重度の介護者であっても、特養老人ホームなどへ入所をせずに、住み慣れた地域で安心して暮らす事が可能になると期待をされています。

 

当サイト申込者数No.1講座

ニチイ学館

ニチイ講座

詳しくはこちらをクリック

詳しくはこちらをクリック