未来ケアカレッジの介護事務講座の特徴

今、介護事務講座は多種多様にあり、またその講座その講座で目指す介護事務の資格が異なっております。一つは、講座を修了した時点で与えられる修了書、もうひとつは講座を修了した後の試験に合格すると与えられる資格であったりします。

 

未来ケアカレッジの介護事務講座の特徴は、ズバリ講座を修了した時点で未来ケアカレッジ認定の「介護事務修了証明書」が取得できるという点です。試験で味わう緊張感を免れるというメリットがあります。

 

もちろん、それだけでは物足りないという方は、技能検定振興協会主催の介護事務管理士の試験や、日本医療教育財団主催のケアクラークの試験を受けることも出来ます。しかし大切なのは、その方がどのタイプの資格を取得したか?ではなく、しっかり介護事務の仕事が出来るか?ですよね?

 

実際仕事に就いた時、学習したことが生かされなければ意味がありません。介護事務の仕事である介護報酬請求業務に誤りがあれば、介護報酬が正確に支払われないなどしていまい、事業所の損益に大きく関わります。将来の職場である事業所は、本当に役に立ってくれる介護事務員を期待しています。

 

さて、未来ケアカレッジの介護事務講座は関東、関西、東海地区で通学コースを開講しており、通信教育は実施していません。どなたでも受講することができ、計30時間全5日間で効率よく授業を受けることになります。

 

基本的に、週に1回の通学(土曜日か日曜日か選択)開講日としているので、最短1月で修了書を手にすることが出来るということです。欠席した場合はその授業の振替が可能です。

 

介護現場の経験者であるベテラン講師による実践的な演習で即戦力をつけます。介護保険制度の概要、介護報酬、介護レセプトの作成方法を学んだ後、パソコンスキルを習得します。

 

パソコンの授業では、介護給付費明細書を何度も入力しながら自分の弱点を知り正確に介護報酬請求業務が行えるようにします。受講料は69000円です。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック