介護事務の資格の種類

ケアクラークと介護事務管理士

 

現在、介護事務の資格として扱われるものとしては「ケアクラーク」「介護事務管理士」「介護事務実務士」「介護保険事務士」「介護保険事務管理士」「介護管理専門秘書検定資格」があります。

 

「ケアクラーク資格」は「日本医療教育財団」が試験を実施し認定している資格であり、公的資格という扱いになります。資格は日本医療教育財団によって行われる年6回の試験に合格することで取得できます。

 

受験資格は特になく、難易度もそれほどは高くないため、比較的短期間で簡単に取れる介護事務資格の一つです。

 

「介護事務管理士」は技能認定振興協会が認定している資格で、学科試験と実技試験の2試験に合格すると取得できます。こちらも受験資格はないため、独学で勉強しての修得が可能です。

 

「介護事務実務士」「介護保険事務士」他

 

「介護事務実務士」はNPO法人 医療福祉情報実務能力協会が認定している資格で、同協会の実施する試験に合格するか、指定校で所定カリキュラムを履修することで取得できます。

 

この資格は試験方法に特徴があり、「在宅での受験」となります。在宅で受験して資格認定証も送付されてきますので、家事や育児で外に出る余裕がないという人でも取得できるというメリットがあります。

 

「介護保険事務士」はつしま医療福祉研究財団が認定している資格であり、財団が開設を許可した大学や専門学校でのカリキュラムを履修し、認定試験に合格することで取得できます。

 

この性質から、大学や専門学校、短大などで資格取得できる講座としてアピールされていることが多いのが特徴です。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック