ケアクラーク資格とは

 

ケアクラーク資格とは「財団法人 日本医療教育財団」が認定、試験をおこなっている資格です。

 

内容としては、介護施設・介護サービス事業所における介護保険請求業務をメインとする介護事務に必要な能力・技能を中心に、介護職としての介護分野知識、コミュニケーション能力などもカバーした介護事務職を生み出すことを目的に設けられた資格です。

 

介護事務の資格としては介護事務管理士と並んで知名度、有効性が高い資格だと言えます。取得方法は日本医療教育財団の実施する「ケアクラーク技能認定試験」に合格することとなっています。

 

ケアクラーク技能認定試験

 

ケアクラーク技能認定試験は、日本医療教育財団が実施する資格試験で、偶数月の年6回実施されます。受験資格は特にないため、誰でも受験が可能です。

 

受験料は6000円で、各都道府県の公共施設を会場としておこなわれます。受験申込は試験の2ヶ月前から2週間前までを受付期間とします。

 

感覚的には前の試験が終わったら次の申し込みが開始すると考えて良いでしょう。受験申込は所定の申込用紙に必要事項を記入した上で、受験料を添えて郵送にて申し込みます。

 

手続きを処理後、折り返しで受験票が送られてきますので、それを持って指定試験会場に向かうことになります。

 

試験結果発表は試験の1か月後に郵送にて通知され、合格の場合は更にその一ヶ月後に「技能認定合格証」が送付されます。出願から数えると、資格取得まで最短でも合計3〜4ヶ月はかかると考えてよいでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック