介護事務の資格について

資格の必要性

 

介護事務業務は医師や弁護士などと違い、法律で専業化された業務ではないため原則として資格が必要ではありません。

 

では、実際に介護事務員として働くにあたって介護事務資格が必要ないのかといえば、「絶対必要ではないが、あったほうが確実に有利」という資格だと言えます。

 

まず、介護事務資格を持っていれば、介護事務職への採用にあたっての大きなアドバンテージとなります。介護事務職で募集をする側としては、介護スタッフの兼任などでは難しいと判断して事務専業スタッフを募集していますので、経験者であるか専門の知識を有した有資格者を優先して採用する確率は非常に高いのです。

 

介護関連の実務経験によっては介護事務資格を持っていなくても採用される場合も考えられますが、その場合でも介護事務資格を一緒に持っていれば、かなり採用する側の印象はよくなるでしょう。

 

 

介護事務資格の存在感

 

では、そんな介護事務資格ですが世間的な浸透度という点ではどうでしょう。これは求人などではちらほら介護事務資格を優遇、要求する事が増えてきています。

 

しかし、一般的な現場などではそれほど知名度が高い資格とは言えないようです。それ以上に、これから介護業界に就職を考えている人にとっての知名度が意外なほど低く、むしろこれから知名度が上がっていく資格だといえるでしょう。

 

介護事務の業務自体の分業化がこれから進んでいくと言う見方もありますので(現在はケアマネージャーなどが兼任しているケースも多い)、これから存在感を増していく資格だといえるでしょう。

 

そういった意味では、介護業界で働くことを考えている人であれば習得しておいて損はない資格だと言えます。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック