介護事務スタッフになるには?

介護事務はデスクワークの一つとして、人気がある仕事となっています。そのため、一つの求人に対し、複数人が応募するという事もよくある話です。

 

ところが、採用されるのはその中の1人だけという事が多く、応募者の中から選ばれなくてはなりません。

 

では、そのような競争をかいくぐり、介護事務スタッフとして働くためにはどうすればいいのでしょうか。

 

介護事務スタッフになるにはどうすればいい?

まず、介護事務スタッフの場合、”未経験OK””資格不問”というような求人情報への記載が見られます。

 

このような記載があるからといって、何の資格も取得せず、介護業界で勤務した経験も無い状態の人が選ばれるというわけではありません。

 

当然ながら、介護事務に関する資格を取得しているという人の方が、やはり採用においては有利となります。

 

さらに、介護事務というのは何もデスクワークだけを行うという事ではありません。施設によっては、介護士と一緒に介護を行うこともあります。

 

これは、介護業界が人手不足であるためや、事務職員にも介護の事や利用者様の事を知ってほしいという事から行われているのです。

 

そのため、介護事務の資格のみ取得しているという人よりも、介護職員初任者研修の資格も同時に取得しているという人の方が、採用において有利となることがあります。

 

また、パソコンスキルなどは、介護事務の仕事であるレセプト作成の際に必要となってきますので、そのようなスキルがあることも優遇される場合があります。

 

介護事務スタッフになるためには、民間資格であるケアクラークや介護事務管理士、介護事務士などなど、様々な資格の中からどれかを選んで取得しておくことをおすすめします。

 

また、余裕があれば、介護職員初任者研修といったような介護の入門資格も取得しておくといいでしょう。

 

秘書検定などを取得しておくこともおすすめです。

 

介護事務に秘書検定ってどういうこと?と疑問に思われるかもしれませんが、秘書検定ではマナーなどを学ぶ事が出来ます。

 

利用者様のご家族様と窓口で関わる際や、電話対応を行う際に、必ずそのスキルが役に立つはずです。

 

介護事務は、その施設や事業所の顔とも言える存在です。自分の対応次第で判断されると考えておくことも大切になります。