介護事務の魅力とは?

向こう20年は安泰

介護施設の現場

介護事務員は介護保険制度に携わるエキスパートになりますので、介護保険が大きな役割を果たす介護業界とは切っても切れない関係だといえるでしょう。

 

その介護業界全体の動向を見てみると、人口バランスから考えて、この先20年は拡大していく業界であるだろうと予測するこができます。

 

昨今の経済状況で、向こう10年20年を保証できる業界というのはなかなかありませんので、この安定性は間違いなく魅力的だといえます。もちろん業界の体質や介護施設の統廃合などは起きてくるでしょうが、全体の規模としては明らかに拡大傾向が続いていきます。

 

また、体力勝負な介護の現場スタッフとは違い、介護事務であれば中高年になっても経験を活かして働き続けられるというのも、同じく安定性といった面から見て魅力的だといえるでしょう。

 

有用性の高い知識

介護事務スタッフ

介護事務がメイン業務として扱うのは介護保険の請求手続きですが、そのなかで身につけることができる介護保険に関する理解や知識は、普遍性と有用性の高い知識となります。

 

これから日本は超高齢化社会に突入していき、親戚・知人・友人はみな、介護保険を何らかの形で利用するような社会になっていくと考えられます。

 

一方で、介護保険自体は2000年に成立したまだまだ若い制度であり、エキスパートもそれほど多くは存在していません。

 

そういった中で、介護保険に関する深い理解を持っているということは、自分や自分の縁者が必ず介護保険の利用者になるだろうことを考えると、非常に役立つスキルになってくるといえるでしょう。

 

介護事務の資格を取るならどこがいい?

介護事務講座を一括比較できるサービスがあります

 

全

 

ブラッシュアップ学び

全2

 

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

zen3

 

詳しくはこちらをクリック