介護事務の求人状況について

現在社会の人口の割合は、若い世代に比べ高齢者と呼ばれる年齢層の人口が非常に多くなってきています。

 

団塊の世代と呼ばれる年齢層が現役を退き、その傾向をいっそう高まっており、増加した高齢者に対応する社会の構築が必須となってきています。
こうしたことから介護職の需要も非常に高まってきており、訪問介護などといったサービス業界も競争が熾烈化してきています。

 

こうしたなかで、介護事務と呼ばれる職業は、国からの介護給付費を支給してもらうための申請書を作成するのが最も重要な仕事ですが、同時に一般事務や受付などの業務を行うこともあります。

 

どちらにしても専門の知識やスキルが必要となるため、介護事務の求人は需要が高く、また資格を取得するための様々な予備校や通信講座といったものも充実しています。

 

介護事務は求人も豊富で、また今後もその需要がどんどん高まっていくと考えられますので、これからの社会で十分に活用することができる資格と言えます。

 

就業場所について

介護事務員の就業場所は、介護サービスをおこなっている事業所です。具体的には、老人介護施設や訪問介護サービスをおこなっている事業所となります。

 

しかし小規模の事業所の場合は、専任の介護事務員を配置せず、ケアマネージャーと兼業をすることも少なくありません。そのため介護事務員の求人を探すと、比較的大きな規模の事業所が就業場所としては多くなるでしょう。

 

小規模の事業所で働きたいと考えるなら、ケアマネージャーなどの求人に応募して働くしかありません。介護事務の仕事も、一部の事業所ではアウトソーシングすることがあります。

 

そのため、どこの事業所にも所属せず、独立をして事務所を構えている介護事務員もわずかながら存在しています。しかし独立して開業している場合も、専業なことはほとんどありません。

 

ケアマネージャーなどの仕事と兼業する形で、独立していることもあります。就業場所は基本的に事業所ですが、独立できる可能性もある仕事です。